サイトの説明文を記述します。

オメガの修理

家で眠っている時計、可能な限り修理します。他店で断られた時計でも修理可能な場合があります。まずはご相談ください。
  • よく修理に来られるお客様が、 かなり珍しいオメガを持ち込まれたので、 修理の様子を載せます。

オメガの修理
1.ケースは18金で出来ています。おそらく戦前に造られた物だと思いますが、古すぎてあまり資料がなく似た様な形の物から大体1920年頃の物では無いかと......もし違っていたらすいません。早速裏蓋を開けてみましょう。

2.裏蓋を開けると 全体的に錆が…。 特にネジの周辺がひどいです。 お客様曰く実家の蔵から出てきたとの事 蔵があるのも凄いですが、 こんな物が出てくる蔵って......一度お邪魔してみたいものです。脱線してしまいましたが、 まずは原因を探る為に分解してみましょう。

3.文字盤を外した所です。こちらもかなり錆がまわっています。特にリュウズを止める役割のオシドリと呼ばれる 部品がかなりひどい状態です。さらに分解していきましょう。

4.もう少し分解したところです。画像の左側のひげみたいになっているのがゼンマイです。見事に切れています。これが動力元なので交換するしかありません。
オメガの修理
ゼンマイも用意したので、組み立てていきたいと思います。また写真撮り忘れてしまいました。ほとんど組み立ててから気づきました…。

5.写真汚くてすいません。後はゼンマイ組み込むところまで写真忘れてました。

6.錆びついていたオシドリもピカピカとはいきませんが、なんとか機能するようになりました。

7.ケースに戻すと完成です。後は無事に動いてくれれば日差調整して修理完了です。

8.今回の修理代金は…。

・外国産高級時計オーバーホール基本料金          ¥20,000
・錆び落とし                       ¥3,000
・ゼンマイ交換                      ¥5,000
                           合計¥28,000−でした。

修理期間は錆び落としに時間がかかった為、約2週間かかりました。今回はかなり古いオメガですが、現行機種の修理も行っております。